AGT ~食を学び・発見するお店

manaponoでは今年の年明け頃にご紹介をした「AGT」さん。

4月あたりから大きな改装を行い、先日10月1日に晴れてリニューアルオープンされました。

テイクアウトフード“こめサン”を軸に、新しく生まれ変わったAGTさんにお邪魔して

ゆっくりとお話させていただきました….♪

お米 × サンドイッチ = “こめサン”

これまで「食養学」をテーマにお店づくりをしていたAGT(あじと)さん。

1階では、玄米を中心とした自然食品&雑貨のセレクトショップを運営。

2階には、食養学を軸に調理されたごはんが食べられるカフェが併設していました。

(※詳しくは前回記事をご参照ください。)
 ・1F 米屋BeyBey
 ・2F café HIH”INO 日びの
 

 

「食養学」の考え方は変わらず、お店の中身ががらっと変わった今回のリニューアル。

実は、新商品である“こめサン”がリニューアルの大きな理由でした。

 

お店に来ることができる人しか食べることができないという現状を脱して、より多くの方に食べていただけるようなお店づくりがしたい。

そんな想いを形にするのが「テイクアウト」という販売形態でした。

 

・美容や健康に気を使っている働く女性

・忙しさゆえに食生活が乱れ気味のサラリーマン

・部活や勉強で忙しい食べ盛りの学生

 

このような、これまでAGTさんと縁遠かった層のお客さんに食べたいと思ってもらえるもの、食べてほしいと思うものを考えた結果…

 

そして、ついに完成したのがこちら!!

“こめサン”です!!

サンドイッチのパンの部分がお米のシートになっている“こめサン”。

全10種とバリエーション豊かで新感覚のファーストフード。

 

数年前に話題になった「おにぎらず」と似ているのかなと思い味見してみると…

全く別物の驚きと美味しさにノックアウトされました。

 

雑穀米や黒米をブレンドしたものに抹茶を混ぜ込んだり、スパイスを入れて炊くなど、

中の具材に合わせて外側のご飯も味を変えているため、それぞれ色合いが違ってとってもカラフル!

 

オフィスなどで食べている人がいれば「それなに?」と聞きたくなってしまうんじゃないでしょうか?

それぐらい可愛くておいしそうな見た目をしているんですが、それぞれ個性豊かで、想像の枠を飛び越えていきます。

 

実際に店頭で選ぶ際には、一つ一つ名づけられたサブタイトルに注目してください!

私が心惹かれたのは「台湾Let’s go」の文字が書かれたポップ。

エスニック料理に目がない私は、そのポップに惹かれ「Taiwanジャコナッツ」を注文しました。

 

食べてみると、私が想像していたものの斜め上をいく独特な味わいが!

想像していなかった特徴的なその味の正体はというと…..

中国の代表的な混合香辛料の“五香粉(ウーシャンフェン)”というものでした。

ものによってブレンドしているスパイスは異なるようですが、八角、丁香(チョウジ、クローブ)、肉桂(カシア)、花椒、小茴香(ウイキョウ)などがスタンダードだといいます。

 

このスパイスが日本では食べ慣れない何だかクセになる味。

こういった海外らしい味を食べられるお店は中々ありませんし、何よりお米と五香粉がこのようにコラボしている料理はAGTさんでしか味わえないはず!

新鮮な味わいで記憶に残る味でした。超オススメです♪

 

もう一つ、皆さんにご紹介したいのは日本らしいフレーバーの「Japaneseうめシャケ」。

抹茶を入れ込んだ雑穀で包むのは、なんと、スーパーフード・キヌアを衣にしてサッと揚げた鮭!

梅干しと大葉を挟むことで、口の中でお茶漬けのような味わいを楽しむことができます☆

揚げたキヌアの食感が楽しくて、大葉や抹茶の香りが日本人に嬉しい和なフレーバーでした。

 

使用している食材はどれも安心&安全なものばかり。

自家製味噌や豆乳を使用した自家製ソイマヨネーズやソイクリームチーズ。

ベジタリアンやビーガンも食べられるように、お肉の代わりに大豆ミートを使用していたりと

AGTさんらしく食材の質にもこだわった、“健康ジャンクフード”なんです!

 

その他にも、

・ビタミン豊富なサラダやマリネなどのお惣菜

・お湯を注ぐとお味噌汁が飲める「みそ玉」

・沖縄名物の「ジーマーミ豆腐」をAGT流にアレンジしたスイーツ

などのサイドメニューもあるので、様々な組み合わせで日々お持ち帰りを楽しむことができます♪

 

 

今後はデリバリーやケータリングのサービスも行うんだそうですよ!

更に広がる食の選択肢に私もわくわくしてしまいます(^^)

1F 米屋BeyBey + ボビラ堂

“こめサン”を販売している1階は、以前と変わらず「米屋BeyBey」というお米屋兼セレクトショップの空間。

食事で体を健康にする“食養”の考え方を軸に、お米に合う、もしくはお米を使った様々な食品と質の良いキッチン雑貨等を販売しています。

思わず手に取りたくなるような目を引くパッケージに包まれた様々な商品が美しく並べられた店内は、一般的な自然食品店とは少し違った雰囲気を感じます。

 

その理由は、「米屋BeyBey」は自然食を心掛けている人が商品を買いに来る場所というよりも

自然食品に関わりのなかったお客さんが“食に意識を向ける橋渡しの場所”であるため。

 

何かのきっかけでAGTさんに足を運んだお客さんが、食養の考え方を知って、それを自分の食の選択肢の一つにすること。

それが「米屋BeyBey」の大きな役割だと右川さんはいいます。

だからこそ、“こめサン”も敢えてガチガチのマクロビオティック料理にしていません。

米離れが進んでいる日本人にもう一度お米の美味しさやポテンシャルに気づいてほしい。

そういった想いから、より多くの層に喜んでもらえるような10種類のフレーバーにしているんだそうですよ^^

 

そして「米屋BeyBey」さんのフロアの片隅には「ボビラ堂」というコーナーが新しく併設されていました!

“ナチュラルに、健やかに、心豊かに。丁寧に暮らし、子どもと家族が満たされる日々を”

というコンセプトを基に選んだアイテムを販売しているコーナーです。

 

「ボビラ堂」のボビラとは、フランス語(Beau village)で “美しい村”という意味。

これは、親と子どもがイイモノ・イイコトに出会えるイイトコ(村)ができるように、という想いを表しています。

アイテムだけでなく、今後は販売する製品の作者さんなど関わりのある方と展示会・体験会などのイベントも開催される予定です☆

2F イートイン&イベントスペース

そして、元は「café HIH”INO 日びの」としてお客さんが料理を楽しむスペースだった2階フロアは、リニューアルを経て全く新しい空間へと大変身を遂げました!

1、キッチン付ワークショップスペース

階段を上がるとすぐに右手見えるのは、立派なオープンキッチン!

食養を伝える場であるAGTさんには欠かせない、料理を学ぶ空間が用意されています。

大きな流し台に、広々としたカッティングスペースのあるキッチン台の前には8人ほどが座れる大きなテーブルが…

材料や道具を沢山必要とする料理教室も、広々と行うことができるようになっています♪

 

食に関するイベントを以前から多く行っているAGTさん。

リニューアル後は更に効率よく学びやすいスペースを設けて、より活気のあるイベントが増えそうです!

最新のイベント情報はAGTさんのFacebookページでチェックしてみてくださいね☆

 

2、イートインスペース

1Fで販売している“こめサン”やその他のサイドメニューはテイクアウトの商品のみですが、

“こめサン”とみそ玉などのセットを注文すると、2階のお洒落なスペースでイートインできる仕組みになっています。

そしてその空間がまた最高にお洒落なんです!!

 

大阪までわざわざ足を運び、スタイリッシュなオリジナル家具で人気の「TRUCK」で選んだ椅子やテーブル。

AGTさんの空間にとても良くマッチしています!

席によって全く違う椅子やソファを使用しているので、毎回違った雰囲気を楽しむことができそうです(^^)

 

3、ギャラリーゾーン

広い2階スペースの壁一面は、絵画等が飾れるギャラリーゾーンへと変貌しました。

イベントでの活用はもちろん、普段の一般客にも知って&楽しんでもらえる素敵な工夫です。

 

10月18日(金)~23日(水)までの6日間は「すずきもも絵本原画展 はたけのごちそうなーんだ?くだもの」の展示を予定しています。

上記でも紹介した「ボビラ堂」さんで販売している絵本の中の一つで、

「はたけのごちそうなーんだ?」シリーズは野菜や果物の栽培方法や成長過程が楽しく学べる人気の絵本。

大人も意外に知らない野菜のあれこれが描かれていて子どもと一緒に楽しめる内容になっています。

詳しくは「ボビラ堂」さんのブログにて紹介記事をご覧ください☆

>>>“「Agtウォールギャラリーインタビュー すずきももさん」”

 

このように“こめサン”の登場をきっかけにガラリと変化したAGTさん。

しかし、「食養」の考え方を広めたいという想いは、以前と全く変わりません。

“こめサン”をきっかけに、さらに多くのことにチャレンジしていくAGTさんのこれからが私は楽しみで仕方ありません!(^^)

皆さんもぜひ一度召し上がってみてくださいね!♪

右川さんからのメッセージ

【札幌発】こめサン

「手軽に、おしゃれに、楽しく」こめサンをお召し上がりいただけます。

お店に遊びにいらしたらお声がけ下さい。よろしくお願い致します。

AGT 店長

右川 将矢(写真右)

 

 

インフォメーション

住所
〒064-0916
札幌市中央区南16条西4丁目1-10
(※地下鉄南北線「幌平橋」駅から徒歩4分)
駐車場

有り

営業時間

10:00〜17:00

定休日

連絡先

011-552-3729

HP https://moku.jp/
SNS

Facebook   @agt.jp

Instagram  @agt_sapporo

 

インタビューを終えて

「最近小麦粉ばかり食べてたな~」

とふと気づくことってありませんか?

朝はパンで済ませて、お昼はサンドイッチで夕飯はパスタ。

なんてこと意識してなければ割と簡単に起こりますよね….

私は断然お米派で、2食小麦粉が続くともうお米が恋しくなってしまうので、朝がパンの日はお昼はお米が良いのですが…..

おにぎりって飽きませんか?笑

 

具材が一つしか入ってなくてその9割がお米のおにぎり。

もちろんそれだけで美味しいんですけど、もっとインパクトのあるものが食べたい!と思う日もありますよね。笑

ですから、サンドイッチの中身とお米が食べたいと我儘に思っていた私にピッタリの“こめサン”が登場したときは、

「これ!これを待ってたんです!」と嬉しく思ったのを覚えています。

 

個性豊かな10種類の味のある“こめサン”。

パンチの効いた味が多いので、ジャンクフード好きには特に食べてもらいたい!と思います….♪

manapono編集部 坂田

関連記事

  1. 米屋 Bey-Bey ~食養の専門店

  2. Welina ~VEGAN × GLUTEN FREE

  3. issue~社会を考えるお菓子屋さん

  4. MAMECO-hokkaido soy muffin bake shop

  5. Momscone ~ママのやさしいスコーン

  6. La table verte~ラターブルベール