たいやき工房・札幌店

こんな美味しいたい焼き食べたことない!

たいやき工房さんは、道産素材にこだわった、スペシャルなたい焼き屋さんです♪♪

お子さまのおやつにはもちろん、手土産や職場への差し入れにも最高です。

そんなたいやき工房さんの魅力を探るべく、店員の布施さんにインタビューさせて頂きました。

素材もバリエーションもスペシャルです!

たい焼きの定番のお味と言えば、あんとクリームですが…

たいやき工房さんには、粒あんやクリーム以外にも、

チーズ、くるみ&粒あん、くるみ&レーズン、黒いちじく&カカオ等、他では味わえないたい焼きが揃っています。

期間限定でくるみ&柚子ピールも出ていました!

ひと工夫が嬉しいですよね♪

さらに!

たいやき工房さんの美味しさの秘密は、何と言っても素材の素晴らしさ!

北海道産のオーガニック小麦に大豆粉とふすま粉を配合。

皮自体がもちもち美味しいので、プレーン(素焼き)も人気メニューの一つです。

生きてるおやつ

たいやき工房さんの本店は、実は帯広にあります。

最高に美味しいたい焼きを作るため、ベストな素材を探し求めた結果…

地元・十勝の小麦に行きついたそう。

オーガニック小麦のたい焼きを食べられるお店は、全国的にも珍しいです。

 

こだわりの原点を、布施さんが教えてくれました。

社長は、ローフードマイスターという資格を持っており、講師をするほどローフードに精通しています。

たい焼きなので、最終的には鉄板で焼きますが、

直前まで「生きた状態」の材料を使っているんです。

そのため、フレッシュな美味しさを味わってもらえますよ♪

ちなみに、布施さんの一番のお気に入りは、粒あんだそう。

よその粒あんは苦手だけど、たいやき工房の粒あんは皮が良いアクセントになり大好きなんだとか。

取材中も、ここだけの美味しさを求め、老若男女幅広いファンが訪れていました。

↑特注の鉄板。

足で火加減を調整しながら、焼き上げます。

布施さんからのメッセージ

このお店では、北海道産・オーガニックの材料を使っています。

お砂糖はてんさい糖、油は北海道産の米油。

生の材料を使ったカラダに優しいおやつです。

こうした点に共感頂き、足を運んでくださるのはとても嬉しい!!

ただ、もっとシンプルに「美味しいもの好き」に遊びにきてもらえたらと思います♪

味で愛されるお店であり続けられるよう、

一枚一枚、心を込めてお焼きしています。

 

たいやき工房・札幌店 布施さん

 

 

インフォメーション

住所 札幌市中央区南17条西6丁目1-9
TEL/FAX 011-562-3911
営業時間 11:00~19:30
定休日

年末年始のみ

※詳しくは店頭でご確認ください。

HP http://www.taiyakikobo.com/
SNS >>LINE@ taiyakikobo
スペシャル 毎月第2火曜日は学割の日です

アクセスについて

◇札幌市電の場合

静修学園前より徒歩2分

◇地下鉄の場合

地下鉄南北線 幌平橋駅より徒歩6分

 

manaponoの輪~糀factoryさん

このコーナーでは、布施さんがオススメするmanapono仲間をご紹介♪

~紹介するお店~

地下鉄東西線・西18丁目の近くにある糀&糀ドリンクのお店

>>糀factoryさんHP

~推薦コメント~

米糀100%の甘酒や、甘酒スムージーが美味しいお店です。

自然栽培の米粉を買えるので、お菓子を作る方には嬉しいですよね。

甘酒を飲むと、お肌がきれいになりますよ♪♪

インタビューを終えて

香ばしい香りが漂う店内で、楽しくインタビューさせて頂きました♪♪

焼いている布施さんご本人が一番のファンなんだなと感じ、

たいやき工房のたい焼きの魅力をさらに実感。

帰り道、熱々のたい焼きにほくほく笑顔が止まらないmanapono編集部でした☆

関連記事

  1. café HIH”INO 日びの ~食養のレストラン

  2. 福の樹 ~無化調ヌードル

  3. Welina ~VEGAN × GLUTEN FREE

  4. Organic cafe 知恵の木 ~マクロビオティックカフェ

  5. Scully’s maruyama ~オーガニックカフェ&ダイニング

  6. La table verte~ラターブルベール